【今日の1曲】Mansun – I Can Only Disappoint U (2000)

そこそこの長きに渡って(約4ヶ月)お送りした、『短期集中David Bowie(デヴィッド・ボウイ 1947 – 2016年)特集』も、昨日を持って無事一旦終了となりまして、今日は気分一新で全然違うところに飛んだ選曲をするつもりでいたのですが、昨日のDavid Bowie生前最後のアルバムの最終曲「I Can’t Give Everything Away(アイ・キャント・ギヴ・エヴリシング・アウェイ)」から連想して、これはご紹介しておこうかなーと思った楽曲があるので本日はそれで。

Mansun – I Can Only Disappoint U
Mansun – I Can Only Disappoint U

英国のロックバンドMansun(マンサン)が2000年にリリースした3枚目のアルバム『Little Kix(リトル・キックス)』に収録された楽曲「I Can Only Disappoint U(アイ・キャン・オンリー・ディサポイント・U)」

Mansunは結構デビュー時から注目されていた印象があり、1stは特になんとも思わなかったのですが、バンドのセルフプロデュースで1998年にリリースされた2ndの『Six(シックス)』これが大変印象深かった。

その『Six』は、昨日まで1曲ずつ取り上げていたDavid Bowieの『★(Blackstar ブラック・スター)』の隣に置いてもそう違和感がないほどに攻めた作品で、個人的には90年代のイギリスのロック作品の中でも指折りの作品だと思っておりますが、セールス的に失敗。

バンドの全力を出し尽くしたと思われる大変な意欲作に対し、評価が追いつかなかったようで、その失意の中で外部プロデューサーのHugh Padgham(ヒュー・パジャム 1955年 – )を迎えて制作された作品がこれ。

ちなみにHugh PadghamはDavid Bowieの1984年作品『Tonight(トゥナイト)』で共同プロデュースを手掛けたこともある人で、元々MansunのメンバーはDavid Bowieをフェイバリットに挙げていて、この「I Can Only Disappoint U」のシングル盤に収録されたカップリング楽曲「Decisions, Decisions」はDavid Bowieに影響を受けて作られたのだとか。

この「I Can Only Disappoint U」という楽曲では、もうすっかり『Six』の才気走った感じは抜けてしまっていますが、それでも元々の傑出したメロディーセンスやボーカル Paul Draper(ポール・ドレイパー 1970年 – )の声の良さ、非凡なギタリストDominic Chad(ドミニク・チャド 1972年 – )によるギターの効果音的な使い方などがスムーズに仕上がったハイレベルな名曲。

これちょっとだけDavid Bowieの「I Can’t Give Everything Away」に通じるものがあるような。

Paul Draperという人はデビュー時えらい美形だった印象ですが、なんかちょっと2ndくらいからだんだんぽっちゃりしてきたんですよね。
それで言うとDavid Bowieって少なくともメディアに登場する際は体系変わらなかったよなー。と改めて思いました。はい。

ところで、このMansunをバンド名で検索しようとすると、候補に「ラルク」って出てくる。

なにやらラルクに近い洋楽バンド?みたいな感じでの認識が一部である模様。
リンク先をちゃんと確認してないのでよく分かりませんが、何にせよこの「I Can Only Disappoint U」とかは、特別音楽に詳しくない日本人にも結構受ける普遍性のようなものがあるのではないかと。

なお、この楽曲は英国出身の音楽家、Dev Hynes(デヴ・ハインズ 1985年 – )がBlood Orange(ブラッド・オレンジ)名義で2013年にリリースした2ndアルバム『Cupid Deluxe(キューピッド・デラックス)』にて、「Always Let U Down」と改題の上カバーされているので、気になった方はチェックしてみて下さい。

バンドは結局4枚目の制作途中で解散となってしまいましたが、怪作『Six』と『Little Kix』に収録された数曲は大変素晴らしいもので、もっと広く知られて然るべきものだと思っております。

結局今日もDavid Bowie特集の番外編みたいになりましたが、つい先日4月17日にリリースされたFiona Apple(フィオナ・アップル 1977年 − )の新作がここ数年で1番くらいに大変素晴らしいものだったので、明日はそちらをご紹介する事にします。
それではまた明日。

コメント

タイトルとURLをコピーしました