【今日の1曲】David Bowie – ‘Tis a Pity She Was a Whore (2014 & 2016)

短期集中David Bowie(デヴィッド・ボウイ 1947 – 2016年)特集。

昨日より通算25枚目(カバー1枚とバンド「Tin Machine」の2枚を入れると28枚目)にして最後のアルバム、『Blackstar(「★」と表記)(ブラック・スター)』を取り上げておりますが、本日は表題曲に続き2曲目に収録されている「’Tis A Pity She Was A Whore」をご紹介することにします。

David Bowie – 'Tis a Pity She Was a Whore [Audio]
David Bowie – ‘Tis a Pity She Was a Whore (2016)

この楽曲、特に邦題は付いておりませんが、英国ルネサンス期の劇作家、John Ford(ジョン・フォード 1586 – 1639年以降に没)の舞台作品「’Tis Pity She’s a Whore(邦題:あわれ彼女は娼婦)」から採られているのだとか。

ただ、あらすじをざっと読んでみた限りでは両作品の共通項はこれといって分からず。タイトルだけ借用パターンですかね?

歌詞については他にも『★』の共同プロデューサーであるTony Visconti(トニー・ヴィスコンティ 1944年 – )による発言があって、「’Tis A Pity She Was A Whore」の歌詞は映画『A Clockwork Orange(邦題:時計じかけのオレンジ)』にヒントを得たもの。との事ですが、こちらもいまいち共通項が分からず。

何にせよ、以前取り上げたLou Reed(ルー・リード 1942 – 2013年)然り、David Bowieも古典から着想を得ることが時々ありますよね。
これは日本ではなかなか難しくて、江戸がどうのとか室町がどうのみたいなのはちょっと印象が強すぎるというか、文化がガラッと様変わりしているので、ヨーロッパに比べて格段に取り入れ難いよなー。と思います。
レキシとか切腹ピストルズくらい振り切れていれば別で、取り入れ方で言えばエレファントカシマシとかは上手い気がしますが。

David Bowieの話に戻りまして、ここで再確認したのは、Stanley Kubrick(スタンリー・キューブリック 1928 – 1999年)好きだったんだなー。ということ。
出世作の「Space Oddity(スペイス・オディティ)」もStanley Kubrickの映画絡みでしたね。

個人的にこの歌詞については文字情報以上のこれといった論考は無くて、一言に要約すると「してやられたぜ」みたいな感じ?です。決して湿っぽいものではない印象。

曲調も結構陽気だし。

で、この楽曲、初出は2014年の配信シングル楽曲で、こちら『★』収録のものとはアレンジがだいぶ異なります。

'Tis a Pity She Was a Whore
David Bowie – ‘Tis a Pity She Was a Whore (2014)

YouTubeにUPされて約4年半、オフィシャルなのに本日時点で再生回数2747回…。

これ、Facebookに記載の情報によると宅録らしいのですが、それにしてもな音の悪さ。あくまで一般的な意味での。

全体的にザラザラしてノイジーですし、ドラムとか多分適当にループ(だと思う)。グシャッとしている。歌もあんまり気合いとか入ってない。なんなら弱々しいくらい。
メジャーなミュージシャンは普通出さない、インディーズでもそんなにないであろう質感の作品。

でもこれ個人的には非常に好きです。

言い方を変えればアヴァンギャルドでプリミティヴ。
細かな調整がなされていない(と思う)生々しい力強さがあるっちゃあるゴツゴツした音に、味だけで聴かせるようなボーカル。

以前取り上げた事があるパラダイス・ガラージ豊田道倫にも通じる録音で、David Bowieの作品の中でもかなりのイレギュラー。

新世代の先端ジャズ・ミュージシャン達を起用した『★』バージョンと是非聴き比べてみて下さい。音楽の本質なんぞや?を考えるのにも良いと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました