【今週の3曲】David Bowieキャリア屈指の傑作『Heathen(ヒーザン)』はアウトテイクも良いよね

短期集中David Bowie(デヴィッド・ボウイ 1947 – 2016年)特集。確認したらもう何やかやで約2ヶ月に渡ってやっているという。
そして只今ご紹介中の2002年リリース通算22枚目のアルバム『Heathen(ヒーザン)』は今回で7回目。昨日の記事はカウントして良いのかだいぶビミョーですがまあ何にせよこんなに取り上げているのか。同作については一旦今日で最終回とします。

アルバム収録曲は残り2曲となりましたが、それは一旦置いておいて、まずは掲題の通りアルバムには収録されなかったアウトテイクからご紹介します。

国内版のボーナス・トラックとしても収録されていた「Wood Jackson(ウッド・ジャクソン)」

David Bowie – Wood Jackson (Heathen Outtake)
David Bowie – Wood Jackson

「Slow Burn(スロウ・バーン)」のシングルB面に収録された「When The Boys Come Marching Home(ホエン・ザ・ボーイズ・カム・マーチング・ホーム)」

David Bowie – When The Boys Come Marching Home
David Bowie – When The Boys Come Marching Home

2曲ともどことなく「ニューウェーブ以降で最高のソングライター」とも称される、Prefab Sprout(プリファブ・スプラウト)にも通じるような魔法がかった佳曲なのではないかと思います。
いかにこの時期のDavid Bowieが冴えに冴えていたのかが良く分かる。

特にアメリカの民謡「When Johnny Comes Marching Home(邦題:ジョニーが凱旋するとき)」に影響されたと思われる、「When The Boys Come Marching Home」はクリスマスソングっぽい雰囲気のしっとりした楽曲で個人的にはかなり好き。あー、そう言えば今日は都内も雪が降りましたねー。

で、完全に好みで言えば、これら2曲を、アルバムで唯一苦手な7曲目の「I Would Be Your Slave(アイ・ウッド・ビー・ユア・スレイヴ)」と、曲調からして7曲目の後以外に置きどころが無さそうなデジロックな8曲目「I Took a Trip on a Gemini Spaceship(アイ・トゥック・ア・トリップ・オン・ア・ジェミニ・スペースシップ)」をセットでチェンジすると、かなり良い感じになります。
そうなると結構地味な感じが強くなってしまうかも知れませんが。

ここからはアルバム収録曲の話で、最後から2番目の11曲目に収録された「A Better Future(ア・ベター・フューチャー)」について。

David Bowie – A Better Future
David Bowie – A Better Future

「より良い未来」というタイトル通りの明るい曲調の中、「for I might just stop loving you(あなたを愛するのをやめるかもしれないから)」などというフレーズが入っていたりもするのが一筋縄では行かないところではあります。
とは言え総じて明るく前向きな楽曲です。

ジャケットのハイセンス過ぎる写真について過去記事に書きました「なんか宇宙の電波をキャッチしているような、ちょっとイッちゃってる感じ」というのはアルバムを聴く前の印象で、ここら辺まで聴くと、これは未来を見据えているイメージなのかもなー。という気がしてくる。
でも久々見ると最初のイメージに戻る。
ほんとこれジャケットで損している気はします。なんか気軽に手を出せない感じがするもの。やっぱり。
David Bowieのジャケットってなんかしっくり来ないものが結構あるよなあ。これは何やかやで結局しっくり来るのだけれど、敷居は高いと思う。

「A Better Future」の話をもう少ししますが、これはアルバムのコンセプトというか「締め」に必要な外せない楽曲なのかもなーという気はするものの、個人的にはここも「Everyone Says ‘Hi’(エヴリワン・セズ・ハイ)」のシングルB面に収録された「Safe(セーフ)」の方が良かったんじゃないかなー?という気がします。
ちょっと量感が軽いんですよね。

つまりアルバムに収録されたアップテンポで打ち込み感強めの3曲が結局統一感を損なうと言いますか、悪い意味でバラエティ感が出てしまうと言うか、浮くと言うか。
こんなの言い出したらキリが無いんですけど、こういう意見の人も居るんだなー位に思っていて下さい。

えー、そしてアルバム最後に収録された表題曲「Heathen (The Rays)」これも前曲の流れのままに前向きな雰囲気を残しつつ風格を感じさせる楽曲。
良い曲ではあるけれど個人的にはちょっと印象に残りづらい曲だったりもする。
こちらはご自身で聴いてみてください。

という事でそこそこ回数を重ねた『Heathen』記事もこれにておしまい。

興味を持っていただけたならこれ幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました