【今日の1曲】David Bowie / Pat Metheny Group – This Is Not America

短期集中David Bowie(デヴィッド・ボウイ 1947 – 2016年)特集。

前回は一般的に評判があまり良くない1984年リリースの『Tonight(トゥナイト)』から、「Loving The Alien(ラヴィング・ジ・エイリアン)」を取り上げましたが、今回は評判どうこう以前に、何となく日本ではファンとリアルタイムの人以外からはそもそもあんまり知られていない気がする1985年リリースの楽曲「This Is Not America(ディス・イズ・ノット・アメリカ)」をご紹介します。

David Bowie/Pat Metheny – This Is Not America (Promo Clip)
David Bowie / Pat Metheny Group – This Is Not America

『Tonight(トゥナイト)』の翌年、1985に公開された映画『The Falcon and the Snowman(邦題:コードネームはファルコン)』のサントラに収録された楽曲。

サントラ自体はジャズ・フュージョンに分類されるバンド Pat Metheny Group(パット・メセニー・グループ、以下PMG)が手掛けており、その中の一曲でDavid Bowieが共作した楽曲がこれ。

元々David Bowieが参加する以前からPMGにより基本となる楽曲は出来ており、その楽曲「Chris」に新たにドラムとDavid Bowieのボーカルを追加したものがこの「This Is Not America」。
なお「Chris」の方も同サントラに収録されています。

何故かApple Musicでこのサントラを聴こうとすると、「This Is Not America」が除外?されているのですが、David Bowieのベスト盤にも収録されているので、そちらで是非。

この楽曲は「地球上で最高のDJ」とも称されカルト的な人気を誇るDJ Harvey(DJハーヴィー)がプレイしたことでも知られており、もしかするとロックファンよりもクラブ寄りの人の方が知っているような気もします。
誰の何の曲だったかはパッと思い出せないのですがHiphopのトラックでもサンプリングされていたりで海外での評価は結構高い印象。

お決まりの「『Let’s Dance』以降の80年代のDavid Bowieは音楽的につまらない」的な事を言う人は、この辺ちゃんと聴いてんのかね?と疑問に思う。

さて上記PVは映画のシーンを編集したもので、はっきり言ってDavid Bowie目的ではあんまり面白くないので、ライブ映像も以下に貼っておきます。

David Bowie – This is not America
David Bowie – This Is Not America

こちらは2000年6月27日にロンドンのBBC Radio Theatreで演奏されたライブバージョン。
1947年1月8日生まれなので、この時53歳。めちゃ若い。前回取り上げた面白PVの「Loving The Alien」が1984年なので、37歳。髪型のせいかあの時より全然若く溌溂として見える。というか格好良い。やっぱり長髪似合いますね。ほんと「Loving The Alien」の時のあれは一体何だったんだろうな?と改めて思う次第です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました