【今日の1曲】欅坂46 – サイレントマジョリティー

欅坂46 『サイレントマジョリティー』
欅坂46 – サイレントマジョリティー

昨日脱退が発表されたセンター平手友梨奈この時まだ14歳。確かに特別なものを持っている人です。

慣例の「卒業」ではなくて「脱退」とするところに勘の良さやセンスを感じます。本人発案なのか秋元康やスタッフが思い付いたことなのかは不明ですが。

これほどのタレントをそう簡単には手放さないとは思いますが、今後どうなるんでしょうね?個人として活動するのか芸能界自体引退なのか。
何にせよお疲れ様でした。

残されたメンバーで再出発する欅坂46の方はリニューアルを図る絶好の機会だとも思います。

「スーパーリスナークラブ(通称パーリス)」という知る人ぞ知る?ブログがあります。
大変ユニークなとんでもない文才の持ち主が書いていて、なんやかやもう十数年たまに思い出しては愛読しておりますが、そのパーリスが、昨年末12月21日の記事で「時代の節目を感じる、これから秋元康の関わるもの全て外すだろう。」と書いていたのを思い出しました。

多分一般層には存在すら認識されていないであろう、選抜型ガールズバンド、ザ・コインロッカーズ大量リストラの件を受けての記事で、あくまで「これから」なので、既存グループは含まれないのかも知れませんが、芸能界って転げ落ちるとあっという間ですからね。
購買者はいつだって移り気なもの。

ザ・コインロッカーズの外しっぷりは悲惨なものがありましたが、日向坂46はデビュー作から3曲連続でホームランを放っておりますし、大エースが卒業を発表したものの乃木坂46は安定して大人気。1年近く新曲が出ない欅坂46も何やかや経済効果は高いようですが、今年はどうなるんでしょうね?

秋元康ほどわかりやすく物語を書ける人も今のところ他に居ないので、早々に転げ落ちるという事は無いと思いますが、今回のような主要人物のグループ脱退があったりすると、確かに時代の節目を感じる年になるような気もします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました