【今日の1曲】Gerry Mulligan – Night Lights

ジャズにあまり馴染みが無いという人に何か勧める場合、特に条件が無ければ、筆者ならまずはこのアルバムが第一候補。
更にピンポイントで「1曲」という事であれば、この楽曲。

Night Lights – Gerry Mulligan (HQ)
Gerry Mulligan – Night Lights

アメリカのジャズ・ミュージシャンで、作曲家、編曲家でもある、バリトン・サックス奏者のGerry Mulligan(ジェリー・マリガン)が1963年にリリースした『Night Lights(ナイト・ライツ)』より、アルバム冒頭に収録された表題曲。

音楽の良し悪しは大抵2秒で分かるものですが、これは最初のピアノの1秒で、ある程度誰が聴いても特別なものだと分かるのではないでしょうか。

このピアノは作編曲者でもあるGerry Mulliganによる演奏で、この曲ではバリトン・サックスを吹いていません。
つまり本業ではない人のピアノですが、これが大変素晴らしい。

何となくではありますが、一昨日昨日の首都高シリーズからの流れで、夜の街の灯りの音楽。

タイトル通りのジャケットの絵も素敵で、これは先日紹介したPrefab Sprout(プリファブ・スプラウト)の『Andromeda Heights(アンドロメダ・ハイツ)』にも通じるものがありますね。

他の収録曲ではGerry Mulliganは本業のバリトン・サックスを吹いており、ピアノが入っているのは表題曲だけ。
コード楽器はJim Hall(ジム・ホール)が弾くギターのみになりますが、全体のムードは統一されているので、アルバム単位でもお勧めです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました