【今日の1曲】shirane kenichi(白根賢一) – bigbang girl

昨日の佐藤奈々子の記事でバンド名を出したので、本日は日本のロックバンドGREAT3(グレイト・スリー)を取り上げようかと思いましたが、が、前にも3曲紹介していたので、今回はGREAT3のドラマー・白根賢一が「shirane kenichi」表記で2008年にリリースしたソロアルバム『manmancer』から1曲紹介することにします。

shirane kenichi bigbang girl
shirane kenichi – bigbang girl

アルバム冒頭に収録され、PVも制作されたリードトラック「bigbang girl」。年末とか一切関係ない選曲です。はい。

見ての通り、これがなんだか色々とっ散らかったPVで、でもなんとなく見てしまうという謎作品。
この曲はとにかく冒頭サビのフレーズ”ビッグバンガール君は破壊的創造”の掴みがバッチリ。
あとはうにゃうにゃしていてよく聴き取れなかったり、語感がさほど合致していないような?感じだったり、歌詞カードを見ても内容があんまりピンと来なかったりもするのですが、とにかくこのフレーズがなんかハマる。
雑な紹介ですが、この曲好きです。共同プロデューサーの渡部高士による(と思われる)音作りの気持ち良さもあり、結構中毒性が高くて繰り返し聴いてしまう。

で、この曲の造りを見ると(聴くと)、GREAT3の5thアルバム『May and December』、6th『When you were a beauty』、7th『climax』は作詞作曲者のクレジットが全てバンド名義になっていますが、この時期って白根賢一比率結構高いんじゃないかと思いました。節回しや詞の乗せ方、ワードチョイスのセンスなどにそれが見られるような。
4thアルバムまでの「とても一人称が強い」感じがやや薄まっているのは、それまでメインで歌詞を書いていた片寄明人が結婚した事以外にも、楽曲制作に於いてメンバーの関与比率の変化が結構あったのかも知れません。

GREAT3自体が今ひとつ一般層まで浸透していないところに、メインボーカル以外のメンバーのソロ作なので更に「知る人ぞ知る」作品になると思いますが、こういう良作を今後も多く取り上げていく所存です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました