【今日の1曲】The Beach Boys – Surf’s Up

Surf's Up (Remastered 2009)
The Beach Boys – Surf’s Up

昨日、The Stranglers(ストラングラーズ)を取り上げた際に「行くところまで行ってしまった」楽曲の1つとして名前を出した、The Beach Boys(ビーチ・ボーイズ)の「Surf’s Up(サーフズ・アップ)」。

この楽曲は元々、「ポップ・ミュージック史上最高傑作」とも称される『Pet Sounds(ペット・サウンズ)』(1966年作品)の次にリリースを予定し、制作に取り組むも頓挫してしまい、もっとも有名な未完成作品となったアルバム『Smile(スマイル)』の残骸の一つです。

後にそれをメンバーが完成させ、1971年のアルバム『Surf’s Up』の表題曲として発表されました。

Apple Musicの紹介文にあった「バロックポップ」という呼び名が適当な気がする、非常に格調の高い大名曲。名曲を数多有するThe Beach Boysの中でも特別な楽曲だと思います。

なお、この楽曲は、名指揮者のレナード・バーンスタインが自身のテレビ番組で絶賛していたり、これちょっとうろ覚えですが、サザンオールスターズの桑田佳祐が自身の葬儀で流してほしい曲だったか最後に聴きたい曲だったかで選んでいた覚えがあります(間違っていたらごめんなさい)。

是非とも聴いてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました