【今日の1曲】Guns N’ Roses – November Rain

11月。雨が降りそうな日。という事で、本日はアメリカのハードロックバンド・Guns N’ Roses(ガンズ・アンド・ローゼズ)の「November Rain(ノーヴェンバー・レイン)」を紹介します。

Guns N' Roses – November Rain
Guns N’ Roses – November Rain

この楽曲は1991年に「Ⅰ&Ⅱ」の2枚同時で発売された『Use Your Illusion Ⅰ(ユーズ・ユア・イリュージョンⅠ)』の方に収録されています。

で、このPV。総予算1,500万ドル越え。
これは大変見応えがありますねー。

昨年2018年時点で、YouTubeでの再生回数が10億回を突破。
これは2000年以前に発表されたミュージック・ビデオとしては、初で唯一の作品なのだそう。
それから1年経過し、本日記事作成時点では1,255,363,812回再生。読みにくいので表示形式を変えると、12億5536万3812回。
凄い再生回数ですが、これは観ちゃうよなー。納得。
ちなみに11月1日になるとこのPVの視聴回数が一気に伸びるらしく、非公式ながら「November Rainの日」とされているそうです。ほんとか?

日本では先日、スピッツの「ロビンソン」が再生回数1億回突破という事でニュースになっていましたが、規模感がやっぱり違いますね。
ほぼ日本だけの視聴で1億回突破したスピッツも凄いのですが。

Guns N’ Rosesは、昨日取り上げたNirvana(ニルヴァーナ)とは敵対関係にあったバンドですが、元々はNirvanaの故・Kurt Cobain(カート・コバーン)が一方的に毛嫌いしていたのが発端で、メンバー達は今ではすっかり和解済みの模様。

まあでもインディー系のバンドに肩入れというか好んだKurt CobainがGunsを毛嫌いしていた理由もなんとなくわからなくもない。
大仰でいかにもロックスター然としたスタイルは、私服のままでステージに上がるようなNirvanaとは同じロックと言えど、思想が違う。
…とかそれっぽく書いても、結局のところ属性とかスタイルがどうのこうのより、端的に曲がピンと来なかったのではないかと思います。
当時のインタビューで「Gunsは良い曲が書けない」みたいな事を言っていたのが印象に残っています。

という事で、実際曲がどうなのかは聴き手がそれぞれ判断してみてください。

しかし今ではこういう大仰でいかにもロックスター然としたバンドの方が圧倒的に貴重になってしまいましたね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました