【今週の3曲】K-BOMB(KILLER-BONG)が関わった3曲

一昨日昨日に続き日本のヒップホップ。
では、一応あるのだけれど、ジャンルの枠を外れてしまっている、K-BOMB(ケーボム)だったりKILLER-BONG(キラーボング)だったり、GUITAR-BONG(ギターボング)だったり、その他諸々の様々な名義で活動している音楽家が関わった3曲を紹介します。

まず1曲目は、ラッパーでトラックメイカーでもあるS.L.A.C.K.(スラック。2012年頃からは「5lack(スラック、ゴラック)」名義で活動)の楽曲「HNGRI KILLIN!!」。

-HNGRI KILLIN!!- 5lack/Beats by KILLER-BONG
5lack/Beats by KILLER-BONG – HNGRI KILLIN!!

この楽曲は2015年に発表されたアルバム『夢から覚め。』に収録されていて、KILLER-BONGがトラックを製作しています。
PVで5lackの後ろにたまに映る大柄な人がKILLER-BONG。
途中からちょっと異次元に突入するような、無茶苦茶クールなのに刺激的な楽曲。

2曲目は、SIMI LAB(シミラボ)という日本のヒップホップユニットに所属する、ラッパーでトラックメイカーでもあるOMSB(オムスビ)が、KILLER-BONG主宰のレコードレーベル『BLACK SMOKER RECORDS』から2014年にリリースした、セルフタイトルと思いきや後ろ2文字が入れ替わっているアルバム『OMBS』より「Porn Graf」。

【MV】【Porn Graf】 OMSB feat,Downshot Rig
OMSB feat,DOWNSHOT RIG – Porn Graf

こちらトラックはOMSBによるもので、フューチャリングされているゲスト、「DOWNSHOT RIG」というのはラッパーでDJ、音楽プロデューサーでもある田我流(でんがりゅう)とKILLER-BONGのユニット。
1:41らへんからラップし始めるのがKILLER-BONG。
PVだと車椅子に乗ってますね。

最後3曲目は、福岡のヒップホップユニットRAMB CAMP(ランブキャンプ)の2010年作のセルフタイトルアルバムに収録された「REBEL MUSIC feat. THE LEFTY」。

RAMB CAMP "REBEL MUSIC feat. THE LEFTY (K-BOMB, JUBE)"
RAMB CAMP feat. THE LEFTY (K-BOMB, JUBE) – REBEL MUSIC

トラックはOLIVE OILというトラックメイカーによるもので、1曲目に紹介した5lackの『夢から覚め。』にも参加しています。
フューチャリングされた「THE LEFTY」とはK-BOMBとJUBEのユニットで、元々二人は「THINK TANK(シンク・タンク)」というヒップホップグループに所属しています。

THINK TANKは2011年から活動を休止しておりますが、K-BOMBは冒頭に書きました通り、様々な名義で膨大な作品を出していたり、本日紹介した3曲のようにゲスト参加で物凄い存在感を放っています。

共演者もヒップホップ界隈のみならず、ジャズミュージシャンの鈴木勲や近藤等則、ロックファンにはおなじみのドイツのバンドCAN(カン)の二代目ボーカリストだったダモ鈴木等、幅広いです。

K-BOMBはじめ『BLACK SMOKER』についての詳細はレッドブル・ミュージックアカデミーのページに詳しい記事があるので、そちらをご覧下さい。

K-BOMBの音楽に思うのは、ボアダムスの山塚アイにも通じるプリミティブで根元的な叡智の感覚だったり、それでいてトラックは先鋭的でモダンだったり。

視覚アート方面ではヒップホップ黎明期の重要アーティスト、THE RAMM:ΣLL:ZΣΣ (ザ・ラメルジー)にも通じるものがあるように思います。

本日はK-BOMB中心で話を進めましたが、出てきたミュージシャンそれぞれが良い仕事をする人達なので、興味を持たれた方は是非是非色々聴いてみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました