【今日の1曲】KREVA – THE SHOW

昨日紹介しましたTHA BLUE HERB(ザ・ブルー・ハーブ)の楽曲を選曲していて、00年代半ば頃の日本のヒップホップを色々聴きたい気分になったので、本日は2006年に発表されたKREVAの8thシングル曲「THE SHOW(ザ・ショウ)」を紹介します。

THE SHOW
KREVA – THE SHOW

1974年にリリースされた、Nancy Wilson(ナンシー・ウィルソン)の楽曲「You’re As Right As Rain」からサンプリングされた音の使い方が超効果的。

「One for the money Two for the show」というブルースやロカビリーの時代から存在する古い常套句のひとつを、超キャッチーに甘く高揚させる名曲。個人的にKREVAの楽曲の中ではこれが一番好きです。メロウで高揚感があるって素晴らしいよなあ。

この楽曲には、OZROSAURUS(オジロザウルス)からのDISに対するアンサーが含まれていますが、さらっと答えている程度なので、特に楽曲中の大きなトピックではないと思います。
そこら辺の経緯については以下のサイトにまとめられていたので、興味のある人はそちらを読んでみてください。
KREVA(クレバ、畠山貴志、Dr. K、DJ908)の徹底解説まとめ

しかしこれオフィシャルでアップしている動画なのに画質も音質も全然良くない。

PVはせっかくMTVで賞を獲っているのだからもう少し高ビットレートのものを上げ直せばいいのに。
楽曲の方は多少音質が悪かろうと、名曲であることに違いはないと思いますが、サブスクなりCDなり良い音で是非聴いてみて下さい。

先述のサンプルを用いたイントロからグッと掴まれますが、最後のハンドクラップとボーカルだけになるところ、格好良いですよね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました