8/13【今日の1曲】武満徹 – 波の盆

本日8月13日はお盆ということで、『波の盆』を取り上げます。作曲はここのところ1日置きで紹介している「世界のタケミツ」武満徹です。

まずは『波の盆』なんぞや?ですが、以下Wikipedia引用。

『波の盆』(なみのぼん)は、1983年11月15日の21:02 – 22:54に日本テレビ系列(NNS)で放送されたテレビドラマ。また、その主題曲として作られた武満徹の楽曲。
本番組のサウンドトラックは、岩城宏之指揮、東京コンサーツ演奏によるもの。

Wikipediaより

武満徹は数多くの映画音楽やTVドラマの音楽も手掛けています。

Toru Takemitsu:Nami no Bon 武満徹 「波の盆」
武満徹 – 波の盆

こちらの音源ですが、厳密にはサントラ『波の盆』収録の1曲目「波の盆」ではなく、同サントラ2曲目の「灯籠」と15曲目の「終曲」をテープ編集で、ドラマのエンディングの尺に合わせたもの(のはず)。
真っ暗な中オレンジ色の沢山の灯籠が流れて行く最後のシーンからスタッフロールの間、流れるトラックです。
楽曲自体は全体で1曲とも取れる、変奏曲と組曲の合わせ技のようなものなので、雰囲気は十分に伝わるかと思います。

はじめてリリースされたのは1983年のLP盤。
以後、1993年に同じく武満徹作曲の映画『嵐が丘』のサントラとのカップリングで初CD化。
1999年には単体で再度CD化されています。
が、これら全て現在廃盤で入手困難なんですよね…。Amazonではそれなりのプレミア価格で出品されたりするので、もしあれば図書館やレンタルCD店で借りるのが良いと思います。(YouTubeで検索するとごにょごにょ…)

こんな人類の宝のような楽曲がこの様な状況にあるのは憂慮すべきことだなーと思いますが、まあそのうち心あるレコード会社の担当者がどうにかするでしょう。

一昨日の「弦楽のためのレクイエム」がさっぱり分からなかったという人も是非是非聴いてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました