【今週の3曲】Massive Attackの3曲

はい、Massive Attack(マッシヴ・アタック)。
昨日まで、連想リレー方式でなんとなく「Eureka」3連続の、うち大友良英2連発とかになっていましたが(言わなければ誰も気付かないであろう「ジャニーさん」からの「ジョニー・サン」ダースという流れもあった)、流れぶったぎってマッシヴ・アタック。ほぼ接点無いと思う。

大友良英からの流れで普通に考えると、次に紹介するのは、師匠筋にあたるギタリストの高柳昌行か、盟友・菊地成孔、やや変化球でカヒミ・カリィ、変化球で中村としまる、共演繋がりで山本精一(以前バンド「羅針盤」で紹介しました)とか元「Japan(ジャパン。というバンドがイギリスに存在したんです。当時日本でも人気がありました」のDavid Sylvian(デヴィッド・シルヴィアン)とかかなー。と思いましたがマッシヴ・アタック。

まず語感が格好良い。マッシヴ・アタック。
イギリスはブリストルのグループで、元々は3人組でしたが、1998年の3rdアルバム発表後、2人になっていました。メンバーの1人でグラフィティ・アーティストでもある「3D」は、日本のニュースでも取り上げられるようになった話題の匿名アーティスト「Banksy(バンクシー)」の正体の有力候補の1人に挙げられたりもしています。余談ですが、最有力候補はRobin Gunningham(ロビン・ガニンガム)という同じくブリストル出身者。この2人は知人同士。現実的に考えて協力者なしであの活動はなかなか困難だと思うので、バンクシーは「1人」ではないのではないかと。以前海外サイトにマッシヴ・アタックのライブスケジュールとバンクシーの作品の出現歴とを表にしたものが上がっていて、かなりの合致がみられました。これを見ると3Dも何かしらの関わりがあると考えるのが。

彼らの音楽は「トリップ・ホップ」と呼ばれていて、ヒップホップとレゲエ/ダブをベースに、ジャズ、ソウル、ロック等を混ぜてハイブリット且つクールに仕上げたもの。

今回まず紹介するのは、1991年のデビュー作『Blue Lines(ブルー・ラインズ)』から先行シングルにもなった「Unfinished Sympathy(アンフィニッシュト・シンパシィ)」。このグループ、ボーカルは基本的に外部からゲストで招く方式ですが、こちらは準メンバーのような位置付けだったShara Nelson(シャラ・ネルソン)によるもの。ハウスっぽい要素の強い曲。

Massive Attack – Unfinished Sympathy
Massive Attack – Unfinished Sympathy

次に2ndアルバム1994年の『Protection(プロテクション)』から表題曲。
ボーカルと作詞はEverything But the Girl(エヴリシング・バット・ザ・ガール)のTracey Thorn(トレイシー・ソーン)。いつ聴いてもムチャクチャ良い曲だな、これ。5年振りくらいに聴きました。浮遊感が気持ち良い。

Massive Attack – Protection
Massive Attack – Protection

Radioheadのメンバーがかつてインタビューで、この2ndアルバムと、もう1枚、Massive Attackと同じく「トリップ・ホップ」を代表するグループ、Portishead(ポーティスヘッド)の1stアルバム『Dummy(ダミー)』を聴き「やられた」と思ったと語っており、当時影響を受たそう。そういった要素も合わせて90年代を代表するとされる作品『OK Computer』は構築されたようです。
そう言えば『OK Computer』をMassive Attackが1枚丸ごとリミックスするという企画があったそうですが、結局実現しなかったのは残念ですねー。今からでも実現すれば面白い気がするけれど。

最後に3rdアルバム1998年の『Mezzanine(メザニーン)』から「Teardrop(ティアドロップ)」。これ、先日志人(シビット)の「満月 ~中庸~」という曲を紹介した際に、ちらっと触れた曲ですね。トラックの感じが少し似ている。
ボーカルはCocteau Twins(コクトー・ツインズ)のElizabeth Fraser(エリザベス・フレイザー)。ボーカルの透明感すごい。トラックの低音との対比が素敵。
これはあんまり洋楽聴く機会のない人にも入りやすい曲だと思います。

Massive Attack – Teardrop
Massive Attack – Teardrop

今回1stから順を追って3曲並べてみましたが、結局Massive Attackのオススメ曲って、どれも代表曲なんですよねー。人と話していてもあんまり日陰チョイスとか変わった選曲にならない。でも他にも良い曲たくさんあるので聴いてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました