【今日の1曲】大友良英 ニュー・ジャズ・オーケストラ – Eureka

またまた「昨日に引き続き」パターンで「Eureka(ユリイカ)」。
映画の方からは離れて、Jim O’Rourke(ジム・オルーク)の楽曲の方の話です(しかしこの企画、連想リレー方式になってるなー)。

本日紹介するのは、その「Eureka」の大友良英(おおともよしひで)によるカバーバージョン。2005年に発売された『ONJO』の1曲目に収録。

Otomo Yoshihide's New Jazz Orchestra – Eureka
Otomo Yoshihide’s New Jazz Orchestra – Eureka

ボーカルはカヒミカリィ。演奏家はこの界隈ではおなじみの国内外の猛者揃い。珍しいところでは、漫画家の魚喃(なななん)キリコがボンボという南米の打楽器で参加していたりする。

大友良英はジャズ/アヴァンギャルドのギタリスト&ターンテーブル奏者で、ジャズと言ってもフリー寄りのノイズ強めの活動をしていた人です。近年では『あまちゃん』のテーマソングを始めとする劇中音楽や(「潮騒のメモリー」の作曲も含む)、現在放送中のNHK大河ドラマ『いだてん』の音楽などメジャーな作品も手掛けていたりします。

昨日軽く触れましたが、日本での活動も多いJim O’Rourkeとは、度々競演もしており、この曲は自身のグループのレパートリーとして頻繁に取り上げています。

しかしこの曲の懐の深さは凄い。
これは演奏者もやっていて気持ち良いでしょうね。あっという間の11分13秒。
こういう音楽にあまり馴染みのなかった方も、難しく考えずになんとなく聴いてみてください。
Jim O’Rourkeのオリジナルバージョンと聴き比べるのもおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました