今日の1曲 Mr.Children – and I love you

ということで昨日からのタイトル繋がり。

Mr.Children – and I love you(LIVE 2007/06/15)

ミスチルって大多数の人が好きだと思うので、そうでもない人に向けて少し書きます。

ドラムのカウントが始まる2:43秒以降の展開は、「あ、ミスチルってロックバンドだったんだな」と思わされるであろうエモーショナルな演奏です。
先日紹介したU2のギタリスト、ジ・エッジが使うようなギターの透き通った音色&ピアノの上物チームとリズム隊との対比。そこにもれなく毎回情感たっぷりといえばたっぷりなボーカル。このボーカルと歌詞が、好き嫌い別れるところなのかな?とも思いますが、この曲に関しては「歌と伴奏」という感じではなく「渾然一体」と化して何やら凄いところまで行ってしまっているので、洋楽ファンやミスチルあんまりな人にこそ是非聴いて欲しいですねー。

あと、おそらくこれに多少影響受けてand I love youは書かれんじゃなかろうか?というU2の曲もついでに紹介しときます。

U2 – Sometimes You Can't Make It on Your Own – Single Take Version
U2 – Sometimes You Can’t Make It On Your Own(Single Take Version)

コメント

タイトルとURLをコピーしました