今日の1曲 The Beatniks(ザ・ビートニクス)- Mirrors

YMOの高橋幸宏とムーンライダーズの鈴木慶一が組んだユニットThe Beatniksが、1981年の12月に発表した1stアルバム『EXITENTIALISM ~出口主義』から1曲。

The Beatniks – Mirrors
The Beatniks – Mirrors

約38年も前の曲ですが全く古びておらず、この鮮度の高さの真空パックっぷりは凄い。

逆に言えばこの辺の時代からほとんど音楽が先に進んでいないとも言えるかも知れませんが、まあそれは一旦置いておいて、この曲は理屈抜きで格好いい。

1981年の高橋幸宏絡みのリリース物は異常なまでに充実していて、YMO『BGM』『テクノデリック』、ソロアルバム『ニウロマンティック』、そしてこの『EXITENTIALISM ~出口主義』。
言わば「新しくて美味しいところのコツ」を完全に掴んだ状態。

ムーンライダーズの方は本格的にコンピューターやサンプラーを導入し、後に問題作扱いされることになる『マニア・マニエラ』に着手するタイミングで、こちらも加速度的にとんでもないことになって86年の活動休止まで突き進んで行く。

YMOをあまり知らない人からすれば、80年代文化を紹介するTV番組等で、有名曲「ライディーン」は聴いたことがある。位の感じで、ムーンライダーズに至っては普通に生活している中ではほぼ耳にする機会がないだろうなあ…、といった感じですが、これでピンと来たら上記の作品も聴いてみると良いのでは。

ちなみに本日紹介のMirrorsは鈴木慶一の作曲です。
しかしこれ、タイトルとジャケットがいつ見ても冴えているなー。と思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました