今日の1曲 G.RINA / 山の手マジックカーペットライド

G.RINA(ジーリナ)2005年リリースの2ndアルバム『漂流上手』より、冒頭を飾る1曲。

G.RINA – 山の手マジックカーペットライド.avi
G.RINA / 山の手マジックカーペットライド

聴けば一発で「これは才能とセンスのある人の音楽だ」ということがすぐに分かるのではないでしょうか。
この曲が収録されていたアルバムは全編キャッチーな良曲揃いの傑作で、外資系のレコード店では結構プッシュされていた覚えがあります。
ビッグセールスに繋がってもおかしくないものだったと思うのですが、結果そうはなりませんでした。インディーズからのリリースの為、プロモーションに掛けられるオカネの額に限りがあったということは当然あるでしょうが、それ以外の根本的、音楽的な要因を考えてみるに、「下世話さ」があんまり無いような気がするんですよね。今回紹介した曲の歌詞はモロ性的な内容だったりはするのですが、そういうことでは無くて、いわゆる成り上がり志向のようなものが感じられないのです。出自を軽く調べると、東京世田谷生まれで早稲田大学卒、音楽活動もクラブシーンから出てきている人なので、ちょっとありがちなレッテルを貼るようですが、がっつかない。ベタつかない。本当にセンスが良い人なのだと思います。

タイトルから初期の椎名林檎を想起する人もいるかと思いますが、椎名林檎はクラシカルなルーツを持ちつつロックが基盤で、まさに下世話さや山っ気がわかりやすく表現の強度に繋がっていた印象。G.RINAの本作は音楽的知識やバックボーンが幅広く豊富でクラブミュージックをベースとした人が書いた大人のポップミュージック。という印象です。

勿論、売れる/売れないが作品の良し悪しでは無いので、今回成り行きで比較対象に挙げました椎名林檎を好きな人(あるいは苦手な人)や、とにかく良質な音楽を聴きたい人に幅広くお勧めしたい音楽家です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました